次世代

霊園に設置された納骨堂や永代供養は、ある意味では次世代的なメモリアルの存在として注目されています。
気軽に訪れる事ができる環境にすることで、亡くなった人々を偲ぶ心をはぐくみ、お互いに思いやりのある精神を持つ効果が期待されており、またお墓参りやお盆の習慣を復活させることができるのではと言われています。日本古来の風習を思い出す存在として、霊園は注目されているのです。

納骨堂も利便性が高くなっており、ロッカー式や仏壇式、機械式など様々なタイプが用意されそれぞれの志向に合わせて選べるようになっています。昔ながらを重んじるか、利便性を取るかで意見が分かれる場合でも、それらの折衷案となる存在を用意することで、スムーズな納骨を可能にしているのです。
また、永代供養ならば管理は霊園やお寺に任せる事ができる為、安心して日々を過ごす事ができます。災害などで墓石が倒壊するといった危険性からお骨やお墓を守ることができ、修繕費用などもかからないなど、メリットの多い存在となっているのです。
それらのメリットと自分たちのあり方を考えて、自分のお墓を持つか永代供養や納骨堂を利用するかを選ぶこととなります。

低コスト

永代供養や納骨堂の大きなメリットは、通常の霊園利用よりも低コストだと言う所にあります。
墓石を購入する事がない為、費用は納骨に関する費用のみとなり、それ故に全体的なコストが安くなるのです。永代供養の場合でも、供養のコストがかかるだけとなっており、場所によっては50000円を切る事もあります。生前契約をすれば30000円程度で済む所も多く、経済的に余裕がない場合でも気軽に利用することができます。

近年は物価や税金、雇用の影響でお墓を用意する余裕がないという家庭も増えており、また孤独死も多いことから永代供養や納骨堂の身を利用するケースが増えています。親族が誰も現れなかった遺骨等は、発見された住宅の大家や近隣住民が納骨堂に入れる事も多く、それもまた利用が増えている理由のひとつとなっているのです。
過去は盛大なお墓を用意しなければ亡くなった方に申し訳ない、世間体が悪いというイメージがありましたが、昨今はそうした考えは薄れており、コスト面を重視した供養が注目されているのです。

永代供養や納骨堂の利用は今後も増えると言われており、霊園の需要も高まることから更に場所が費やされる可能性が高く、より身近に存在するようになるとされています。